本文へ移動

受験勉強のヒント 過去問演習編

入学試験で過去に出題された問題を集めた「過去問」。
 
「過去問」は受験生の必須アイテムです。
 
過去問を解くことで、現在の自分の実力、志望校の合格可能性、今後の課題がハッキリと見えてきます。
 
ここでは兵庫県公立高校過去問について解説します。
 
 

過去問はできるだけ早く手に入れよう。

中3生で公立高校を受験予定の人は、できるだけ早く「過去問」を手に入れましょう。
 
公立高校入試の「過去問」自体は、どれも同じなのですが、選ぶときには解説が詳しいかどうかを確認すること。解説が雑な本だと復習に時間がかかります。
 
また、お勧めはあくまで「過去問」。「予想問題集」ではありませんのでお間違いなく。
 
 

過去問を始める時期

過去問に取り組むのは、「学校で全部習ってから。」とか「実力がついてから。」とか考えていませんか?
 
学校で、すべての学習内容を終えるのは、早くても1月初旬。
 
それ以降に過去問を解いて、必要な点が取れなかった場合、入試までの期間が短すぎて、修正する時間がありません。
 
下記を参照に、2年分くらいの過去問は早めに解いてみましょう。
 
英語・・・12月頃。過去問に入る前に英単語・英熟語などの基礎学力はきちんと身につけてお            きましょう。
 
数学・・・2次関数を学習し終えた頃。図形の単元を除いて解いてみましょう。
 
国語・・・9月頃。科目の性質上、早い時期から解いても問題ありません。読解力に自信がない
    人は、できるだけ早く解いて、合格に必要な点が取れるか、確認しましょう。
 
理科・・・10月頃。習っていない単元を除いて、解いてみましょう。
 
社会・・・歴史を終えてから。公民を除いて解いてみましょう。
 
 

目標点を設定しよう。

残念ながら公立高校の合格最低点は発表されていません。
 
合格点の目安は、塾に通っている人は、塾の先生に聞けばわかるでしょうが、そうでない人は学校の先生に聞いてみましょう。
 
目標点の設定は公立の入試問題の特徴と自分の得手・不得手を考慮して科目ごとに設定
ること。
 
合格最低点は毎年変動するので、合格に必要な得点より、各科目10点プラスして、目標点としましょう
 
 
 

制限時間を意識する

 
始めは時間を意識せずに問題内容の確認だけでも構いませんが、3回目ぐらいからは、必ず時間を測って解いてみましょう。
 
時間内にすべての問題に目を通せない人は、「大問ごとに制限時間を決めておく。」「解けそうにない問題には手をつけない」などの工夫が必要です。
 
 
大問の構成は例年あまり変わらないので、本番でパニックにならないよう、きちんと作戦を立てておきましょう。
 
 

間違い直しをする

「すべての問題を解けるまで、徹底的に復習する。」
 
理想ではありますが、各市のトップ高を受験する人以外は、あまり現実的ではありません。
 
間違い直しは、目標点に到達するために必要な問題で、難易度の低いものから行うようにしましょう。
 
問題の難易度は次のように大別できます。
 
サービス問題・・・正答率70%以上。誰にでも解けるように用意された問題。
        ここでミスをしたら致命的。
 
標準問題      ・・・正答率40%~70%。入試の中心的な問題。
                      合否に最も影響する受験生の勝負ポイント。
 
難問            ・・・正答率10%~40%。多くの受験生が解けない問題。
                      難関高校以外では合否にあまり影響しない。
 
超難問         ・・・正答率10%未満。合否にほとんど影響しない問題。
                      解けなくても気にする必要はない。
 
上記を参考に、間違い直しをする際に、重点を置くべき問題を絞り込んでください。
 
正答率は、兵庫県教育委員会のホームページの入試情報「兵庫県公立高等学校入学者選抜 学力検査に関する実施結果について(詳細)」に詳しく記載されていますので、参考にしましょう。
 
 
 

課題を見つける。

 
過去問を解く最大の目的は、「志望校合格を確実に果たすためには何が必要か。」という課題をみつけること。
 
合格点をクリアした・しないで一喜一憂する必要はありません。
 
次回の過去問演習の日程を決め、その日までに課題を確実に消化するよう心がけましょう。
 
                     受験勉強のヒントにもどる。
 
 
 
 
 
ゆうあいゼミ
〒664-0006
兵庫県伊丹市鴻池6丁目3-2
TEL.072-783-2931

お問い合わせ受付時間
月~金曜日 午後4時~10時
 
TOPへ戻る