本文へ移動

まなぶログ ちび

通知表オール5で不合格? レベルの上昇が続く尼崎稲園高校

2020-08-03
「通知表オール5で不合格になった子がいた。」
 
生徒間でそんなウワサ話が流れた令和2年度尼崎稲園高校推薦入試。
 
データとして確認することはできませんでしたが、単なる「ウワサ話」と聞き捨てできないほど、尼崎稲園高校のレベルの上昇が鮮明になってきました。
 
一時は低迷気味だった尼崎稲園高校。県立伊丹高校が追いつくかに思われたこともあったのですが、いつの間にか業者模試の評価で偏差値8ポイントの差。
 
偏差値2ポイントで1ランクの違いとみると、4ランク差と大きく県立伊丹を引き離し、市立西宮高校、市立西宮東高校と並んで、第二学区を代表する進学校となりました。
 
大学の合格実績はどうなっているでしょう?(下図)
国公立大学合格者数の卒業生に対する割合で比較すると、県立伊丹高校が27%に対し、尼崎稲園高校は44%。
 
京都大学・大阪大学・神戸大学・大阪市立大学・大阪府立大学など、関西を代表する難関国公立大学の合格者数は、県立伊丹高校の14名に対し、尼崎稲園高校は55名と約4倍になっています。
 
但し、これは卒業生の結果。数年後には、2校の合格実績の開きはもっと大きなものになっているかもしれません。
 
尼崎稲園高校を目指すなら、学校の勉強はできて当たり前。合格を決めるポイントは「密度の高い受験勉強をどれだけこなしたか。」ということになりそうです。
 
 
ゆうあいゼミ
〒664-0006
兵庫県伊丹市鴻池6丁目3-2
TEL.072-783-2931

1.個別指導教室の運営
 
TOPへ戻る