本文へ移動

まなぶログ ちび

結局のところ、伊丹の公立高校に行けるのは何%?

2019-03-14
 
女子生徒 「志望理由?〇〇高校って、制服めっちゃカワイイねん2つのハート △△高校の制服のダサさは、罰ゲームのレベルに達してるし、ありえへん下に曲がる右矢印(赤)下に曲がる右矢印(赤)
 
先生   「・・・」
 
 
高校の志望理由に「制服の可愛さ」をあげた中学生が初登場したのは、もう20年ぐらい前のことになるでしょうか。
 
当時は、将来を左右するかもしれない志望校を、制服で決めることにあきれたものですが、現在は「当然の志望理由」となって驚くこともなくなりました。
 
その他、クラブ活動・通学距離・友人の有無など志望理由は多岐にわたりますが、学力が志望校のレベルに達していなければ、進学することは出来ないので、進路決定の最も大きな要因が学力であることは今も昔も変わっていないように思います。
 
では、伊丹の公立高校4校(商業科を除く)に進学できる生徒はどのくらいの割合になるのでしょうか?
 
平成29年度の天王寺川中学・荒牧中学の高校進学先を参考に、まとめたのが下のグラフです。
 
このグラフで「難関公立高校・私立高校」としたのは、一般的な業者模試などで県立伊丹高校より難易度が高いとされている高校(例 市立西宮・尼崎稲園・神戸高専・関西学院高等部など)で、全体の約9%
 
また「伊丹市内公立4校 同レベル公立高校・私立高校」としたのは、伊丹市内の公立4校と業者模試でそれらの高校と同レベルとされている公立高校・私立高校(市立尼崎など)で、全体の約33%になります。
 
複数志願制で選択肢は増えたものの、伊丹市内の公立高校に進学可能な生徒は、他市の同レベルの公立高校を選択することはほとんどないようです。
 
学年によってレベルは多少異なるので、割合は上下5%ぐらいふれる可能性があると思いますが、「どうしても伊丹の公立高校に進学したい。」と考えるなら、上位40%以内が一つの目安になるのではないでしょうか。
 
「総合選抜制」と言われた旧来の入試制度下では、約60%の生徒が地元公立高校に進学できたこを考えると、「複数志願制」は天中・荒中生にとって厳しい制度であるといえるかもしれません。
 
 
 
ゆうあいゼミ
〒664-0006
兵庫県伊丹市鴻池6丁目3-2
TEL.072-783-2931

1.個別指導教室の運営
 
TOPへ戻る