本文へ移動

まなぶログ ちび

井の中の蛙と有名私立中学校

2018-11-15
塾講師になって間もない頃、ある有名私立中学校の授業を見学させていただく機会をいただきました。
 
参観させていただいたのは中2の数学。授業はすでに高校1年生の学習内容でした。
 
先生の解説が終わり、各自演習問題を解き始めます。
5人ほどが静かに手を上げ、そのうちの一人に先生が駆け寄り、ヒントを与えます。
 
応答が終わった途端、また各所で静かに手が上がります。
 
張り詰めた空気の中での、ハイレベルな授業。
教室の後ろに立ち並ぶ塾講師の一団に、目をくれる生徒など一人もいません。
 
これほど密度の高い講義を中・高6カ年にわたって受講しているのです。
学力が伸びないわけがありません。
 
校舎の廊下を打ち上げ花火が飛ぶような荒れた公立中学校で過ごし、6年間クラブ活動に明け暮れ、生半可な受験勉強しかしなかった私が、彼らのような受験エリートを押しのけて、国立大学に行けるわけなどありません。
 
社会人になってから思わぬところで、自分が「井の中の蛙」であったことを思い知らされました。世の中には本当に真剣に勉強に取り組んでいる中学生がいるのです。
 
11月4日(日)に全国統一中学生テストを実施しました。
 
このテストには他の模試に見られない大きな特徴があります。それは業者模試をあまり受験することがない有名私立中学校の生徒が数多く参加することです。
 
母集団のレベルが高いため、それに合わせ、難問が数多く出題されます。
 
塾生に聞くと、「あんな問題見たことがない。」とか「わからな過ぎて時間が余って暇だった。」とか・・・。
 
受験されたお子様のお母さんは、わが子の成績表を見て愕然としたかも知れません。
 
成績の良し悪しはともかく、「自分が手も足もでないような難問を解く中学生が世の中にはたくさんいること。」、「難関国立大学を目指すなら、彼らと互角に戦える学力を身につけなければならないこと。」が分かるだけでも貴重な経験なのではないでしょうか。
 
来年の秋も実施する予定です。塾生をはじめ、地元の中学生にはぜひ挑戦してほしいと思います。
 
 
 
ゆうあいゼミ
〒664-0006
兵庫県伊丹市鴻池6丁目3-2
TEL.072-783-2931

1.個別指導教室の運営
 
TOPへ戻る